シャンプーブログ

実は危険?!「石鹸で髪を洗う」ということ。それはNGです!

今回は、石鹸に関する内容について書いていきます。

 

よくネットでは、
髪を「すっぴん髪」にするといいらしい
なんてことが、書かれていたりします。

 

  • 肌が弱いから石鹸を使ってる
  • アレルギーがあるから、石鹸を使ってる
  • 石鹸が一番肌にいい
  • 髪と地肌に良いから石鹸を使ってる
  • ハリコシが石鹸シャンプーでよみがえりました
ですが、はたして本当にそうなのでしょうか?

 

ネットで出回る、石鹸についてのアレコレ。

 

あすなれ編集部で、ちょっとした実験をしてみます。

 

左から、美容室で使用しているスタンダードなシャンプー。

真ん中は、ハンドソープです。

右は、某有名メーカーの化粧石鹸を溶かしたもの。
◯◯g 1800円の石鹸です。

 

ここから、何をするかというとpH(ペーハー)を調べます。

 

かといってpHは、低ければいいものではありません。
この3つは、身体を洗うものです。

 

なので、pH6~7が理想だと思ってます。

 

特に、髪を洗う場合pHは、4.5に近い方がいい。
でも、汎用性を考えるとpH6ぐらいが理想だと思ってます。

 

この黄色い紙は、リトマス紙みたいなもの。
なんとなく、pHが分かります。

 

では、某有名メーカーの化粧石鹸から、pHをはかってみましょう。

 

深い緑になるとpHが高い、ということです。
つまり、アルカリ性。

 

肌は、弱酸性。
肌はアルカリに偏ったら、酸性に戻ろうとします。
(アルカリ中和能)
つまり、肌は酸性でいたいのです。

 

それでは、有名メーカーの化粧石鹸の結果は?

 

ガッチリ、pH9以上。
これが、悪いわけではありません。

 

その辺は気にしなかったでしょうし、汚れを落とすにはアルカリ性のほうが都合がいいからです。

 

でも、髪に優しいのでしょうか?

 

次にハンドソープのpHを調べてみましょう。

 

こちらが、pH7~8ぐらいですね。

 

髪の毛を洗ってもいいレベルです。

 

では、美容室で使ってるシャンプーは?

 

pH6。

お肌に優しいpHです。

ということで、
石鹸で髪を洗うことは、やめましょう。

 

pH実験からもわかるように、アルカリ度は別として、カラー剤やパーマ液レベル(もはや、弱めののパーマ剤より高いPH)のアルカリです。

髪も、肌も、お顔もこれ一本みたいな石鹸。。。

これでは、ハリもコシも出ませんね。

 

石鹸シャンプーになるとさすがにpH調節していると思いますが、やはり高いままのものが多いです。

 

そこで、ハッキリ言うと

髪の毛には、石鹸は不向き

むしろ、使わないでほしい。

肌は、タイプによって違うと思います。

アレルギータイプの方は、シンプル配合の多い石鹸がいい場合が多いでしょう。

特に、アレルギーの方は、固形のものがオススメ。

また、敏感肌や乾燥による肌荒れの方は、pH調節してあるものがいいと思います。

洗剤(界面活性剤)として、石鹸はNG

多くのアミノ酸が流出し、乾燥する可能性があります。

へんな話、嫌われ者の高級アルコール系の洗剤のほうがマシです。

ラウレス硫酸naとか合成界面活性剤ですね。

おすすめしている訳ではないですよ。

マシなだけです笑

以上、pH実験でした。