ビューティ

髪の表面のチリチリ、くるくるした「アホ毛」のなぜ?原因と対策

こんにちは。

あすなれ編集部です。

 

ふとした瞬間に鏡を見て、こう思ったことはありませんか?

 

悩んでいる人
悩んでいる人
髪の表面のチリチリ、ふわふわした短い毛…。これってなんなの?気になる!
そんなお悩みを持つあなたへ。

 

ズバリ、お答えしましょう。

 

それは「アホ毛」と呼ばれています。

 

表面ですから、一番目立つところです。
とても気になりますよね。

 

今回は「アホ毛対策」の記事です。
 
まず、アホ毛の種類を大きく分けると

 

・成長途中の髪の毛

・途中で切れてしまった短い毛

・混合毛

です。

 

この成長途中の髪の毛は、これから時間をかけて伸びていく毛です。

 

なので、大切に成長させることが重要です。
問題は「途中で切れてしまった、短い毛」のほうですね。

 

このような毛が増えると、いつまで経っても頭頂部でふわふわとしていて、ずっと気になってしまいます。

途中で切れてしまった毛はなぜ?

原因は3つ考えられます。

 

まずひとつは、頭皮環境の悪化。

 

次に、過度のブラッシングなどによる「物理的な損傷による切れ毛」

 

そして、ヘアカットによって出来てしまった、などの原因が考えられます。

頭皮環境の悪化

頭皮のコンディションが悪くなっていると、アホ毛につながることが多いです。

 

つまり、ヘアケアが合っていない可能性があります。

 

その結果、髪が成長段階で伸びることができず「伸びない、切れやすい」といったことが起こります。
 

たとえば、シャンプー。

洗浄力の強いシャンプーで頭皮の皮脂を取りすぎてしまうと、頭皮を保護してくれるものが無くなります。

そして頭皮がダメージを負ってしまいます。

その状態が長く続くと、健康な髪の毛が育ちにくくなってしまいます。

ブラッシングなどによる物理的な切れ毛

髪は、みなさんが思っている以上に物理的なダメージに弱いです。

 

ブラッシングする際、無理に引っ張ったり、とかしたりするのは厳禁。

 

髪がダメージを受けてしまいます。

 

そして切れ毛、もしくは「アホ毛」になってしまう可能性が高くなります。

 

なので、ブラッシングするときは、引っ張りすぎず、優しくブラッシングしましょう。

 

そして、ヘアアイロンを使うときも同様です。

 

グイグイ引っ張りすぎるのはNGです。

 

低めの温度で何度もプレスするのは、やめましょう。

 

それよりも高めの温度で、少ない回数で仕上げたほうが、髪に良いです。

くせ毛などの「混合毛」

そして「あほ毛」の一番の原因は、髪質によるところも大きいです。

 

たとえば、
  • 強いクセ毛と弱いクセ毛のミックス。
  • ストレート毛&波状毛&捻転毛が混ざった、くせ毛。
  • 全体的にストレート毛。もしくは、弱いくせ毛が多い。

 

ご自身の髪質は、こんな感じではありませんか?

 

つむじ周りに、くせ毛が混在しているためにアホ毛がでてしまう。

 

このような髪質による「あほ毛」は、どうやって治すかを紹介します。

生え変わりのアホ毛、切れ毛のアホ毛、混合毛の「あほ毛」も効果的な対処方法!!

朝、ブローをしたら、ハードスプレーを上から少量塗布します。

 

そしてスプレーしたら、素早くクシなどで梳(と)かす。

わりと目の細かいクシがポイントです。

ハードスプレーをして、まっすぐに梳(と)かして、乾くまで真っ直ぐにしておく。

なんとなく、いつもより落ち着きます。

あとは、男性用ヘアジェル(固まるやつ)を水で薄くして、濡れている髪につけてブロー。

なんとなく、カチカチゴワゴワしますが、いつもよりまとまるはずです。

 

あと最近では、アホ毛対策に特化したアイテムも発売されるようになりました。

そういったもので対策するのも、いいかもしれませんね。

具体的な解決方法は?

アイロンを使うストレートパーマや、縮毛矯正がおすすめです。

意外としぶといアホ毛には、これが一番です。

 

「でも、ストパーや縮毛矯正をしたくない!!」

そんな人にオススメな対処法もあります。

それは、

油抜きヘアケア

です。

 

つまり、油を使った「しっとりヘアケア」をやめることです。

 

「シャンプー、トリートメント、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)」

ここを、さっぱりさせるのがオススメです。

クセを抑えるには、保湿???

実は、そうではありません。

ブローのしやすい、スタイリングが長持ちする髪質に変えるのです。

 

質感の違う素材を、髪に合わせて定着させます。

ただ、オイルではありません。

 

しかし、もちろん、髪には油分(油脂、脂質)は必要です。

その必要な油分(油脂)は

・CMC脂質

・18MEA

です。

 

どれも脂質ですね。

 

つまり、常温では固形のものです。

油ではありません。

脂質以外に必要な油は、

・シリコン(樹脂、オイル)耐熱性の向上、物理的ダメージの軽減

・抗酸化(熱酸化も含む)機能をもったオイル(アーモンドオイル、ひまわり種油、こめぬか油)

 

もちろん、紫外線防止のオイルもあっていいと思います。

しかし、アホ毛対策の場合、最小限の量にしましょう。

 

というのも、多量のオイルをつけていると

湿度が多くなったとき、油膜によって髪の中に水分がたまります。

 

とてもしっとりしてしまいます。

結果、髪が乾かなくなります。

 

ということは、朝のブローが台無しになります。

(水素結合が切れる)

 

まとめると、

必要最低限の脂質、油分。

そして、油脂や油膜ではなく、様々な効果をもつ素材を髪に定着させ

一本一本しっかりとしたハリのある髪質に近づければ、

朝作った髪が、すぐにふにゃふにゃしないはずですよ。

 

あほ毛で悩んでいる方は、明日からオイル(油)を使ったケアをやめて、ミルクタイプのものを選びましょう。