ビューティ

髪のパサパサがイヤ!乾燥する原因はなに?対策まで解説します。

こんにちは。

あすなれ編集部です。

今日は「髪の乾燥」をテーマに解説していきたいと思います。

 

髪がパサパサ、なんだか手触りもゴワゴワする…。

せっかくヘアセットに時間をかけても、また美容室でキレイに染めてもらっても、パサパサで残念なヘアスタイルになってしまうと、悲しいですよね。

髪が乾燥するのは、なんで?

傷んでいるから?

どうすればいいの?

今回は髪の乾燥の原因と、その解決方法をお伝えしていこうと思います。

 

乾燥=水分が不足している髪?

よく

「髪が乾燥するのは、髪の水分量が足りないせい!」

というのを聞いたことはありませんか?

 

なんとなく知っている人も多いのではないかと思います。

 

「じゃあそもそも傷んでない髪の水分量って、どれぐらいなの?」

って思いますよね。

 

傷んでいない、健康な髪の水分量は約11%から15%です。

ですがこれを聞いても、イマイチ分かりづらいですよね。(笑)

 

あの人はきれいな髪なのに、私の髪はパサパサ。なんで?

人によって髪の水分量は違います。

これはなんでかというと、髪質が違うからです。

 

こう言ってしまうと元も子もないのですが、

詳しくはキューティクルの枚数が違うからです。

 

ツヤツヤでサラサラな髪の人は、まずキューティクルの枚数が多いのです。

キューティクルの枚数は、これはもう遺伝だったり髪質の問題になってきます。

 

ですので、

「カラーもパーマもしていないのに、乾燥でパサパサする」

人は、やはり

「キューティクルの枚数が少ないから」

なのです。

じゃあ、どうすればいいの?

キューティクルをド〇キホーテで買ってきて、

髪にくっつけられたらいいのでしょうが…

なかなかそうもいきません。

 

ではどうしたらいいのかというと…

「キューティクル以外の部分にアプローチする」

ことです。

 

キューティクルは増やせないので、かわりに他の部分をカバーして乾燥を防ぎ、みずみずしさを出しましょう。

 

あすなれ編集部がおすすめする乾燥髪の対策は

・CMCを付ける

・ヘマチン入りシャンプーを使う

・ヘアケアでオイルを使わない

順番に解説していきましょう。

CMCをつける

CMCという「接着剤」のような役割をするものをご存知でしょうか?

髪の毛というのは、たくさんの細胞同士がくっついて作られているんですよね。

このCMCがあるおかげで、私たちの髪は水分を保つことができるのです。

ですがカラ―やパーマ、日々のヘアアイロンによって、CMCはどんどん無くなっていってしまいます。

なので、髪にはCMCを常に補充していく必要があります。

ヘマチン入りシャンプーを使う

これはカラ―やパーマ、縮毛矯正といった、お薬を使うメニューを美容室でやっている人に取り入れていただきたい内容です。

このようなメニューは「アルカリ」や「過酸化水素」といった薬剤を使います。

この成分が髪に残ってしまうと、髪がどんどん乾燥していってしまいます。

 

なぜかというと、髪の毛はもともとは「弱酸性」です。

それを「アルカリ」のチカラを使って真逆の状態にし、色を変えたり形を変えたりするのです。

 

ですので髪の「アルカリ状態」を取り除いてあげないと、髪はどんどん傷んでいってしまうんですよね。

過酸化水素に関しても、同様のことが言えます。

 

この「アルカリ除去」をしてくれる成分が「ヘマチン」です。

ヘマチンはアルカリ除去だけではなく、白髪予防や抜け毛予防にも効果的ですよ。

ドラッグストアなどで販売しているのはあまり見たことがないので、ネットで購入するのがオススメです。

ヘアケアでオイルは使わない

髪が乾燥するからといって、ついついオイルを使い過ぎているのであれば要注意です。

オイルを使い過ぎてしまうと、オイルが髪に溜まっていってしまいます。

油って、熱にとても反応しますよね。

油分がベッタリ張りついた髪に、ドライヤーやヘアアイロンの高温を当ててしまうと、髪の温度は一気に上がり、水分を飛ばしてしまいます。

 

番外編※還元剤を使ったメニューをする

これは番外編ですが、還元剤を使うのも一つの手段です。

還元剤とは、パーマ液のことですね。

なぜパーマ液を使うのか?ということなのですが、パーマ液の中にはSH基という、髪の健康に必要な成分が入っています。

加齢とともに髪は細くなります。

細くなると、それだけ水分を保つ力も弱くなってしまいます。

なので、このSH基を使って髪を健康にしてあげる必要があるんですよね。

ただこの施術は、専門の知識を持つ美容師さんでないと難しいですし、そういった商材を取り扱っているヘアサロンでないと受けることが難しいです。

まとめ

いかがでしたか?

髪がパサパサ、ゴワゴワですと、一日中気分が上がらなくなりますよね。

「せっかく家でトリートメントしてるのに…。」

と、思うかもしれません。

 

ですが、なんでもいいからトリートメントをつければいいというものではないんですよね。

 

「髪の乾燥をなんとかしたい!」

と思った場合は、乾燥に適したヘアケア方法を知らなければなりません。

 

これらの乾燥対策を取り入れて、気持ちよい手触りの髪を手に入れましょう。

これで完ぺき、ヘアカラーの色落ちの対策!!3つの知識と対策「美容室で染めてもらってもすぐ色落ちする」そんな悩みの方は必見です。ヘアカラーの色落ちが早い原因は、主に3つです。髪のpH(ペーハー)がアルカリに傾いている・CMCが不足している・過酸化水素などの薬剤残留が原因です。ヘアカラーを長持ちさせる方法は、これらのことをふまえて対策することです。...