シャンプーブログ

ヘアカラーの色落ち、退色が早い!原因と長持ちさせる方法。

こんにちは。

あすなれ編集部です。

 

皆さんは、こんなことを思ったことはありませんか?

「美容室でキレイに染めてもらったのに、ヘアカラーの色落ちが早い…。」

「色持ちが悪い。すぐ退色してしまう」

 

これって自分の髪質のせい?

なんでだろう?

 

 

普段、ヘアカラーをされている方の大多数が悩む、

「カラーリングの色落ち、つまり退色が早い問題」

今回は、皆さんのそんな悩みを解決するために、原因と対策について書いていきます。

 

「美容師さんには、わたしが普段使っているシャンプーが原因って言われたけど…」

 

そもそも、なぜシャンプーを変える必要があるのかご存知ですか?

 

変えるとしても、どんなシャンプーがいいの?

美容室で扱っているものだったらなんでもいいの?

 

そのへんもふまえて、解説していきます。

さっそく、見ていきましょう。

 

ヘアカラーの色落ち・退色が早い原因は?主に3つです。

  • 髪のpH(ペーハー)問題
  • CMCが不足している
  • 過酸化水素などの薬剤残留

ヘアカラーの色落ち、退色が早い原因は、主にこの3つが大きく関係してきます。

ひとつずつ、順に説明していきます。

まずは、髪のpH(ペーハー)問題。

皆さんは、pH(ペーハー)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

このペーハーという言葉、考え方は、美容室の現場では頻繁に使われます。

ペーハーを調べてみると、Wikipediaでこんな風に記載されています。

水素イオン指数(すいそイオンしすう、独: Wasserstoffionenexponent)とは、溶液の液性(酸性・アルカリ性の程度)を表す物理量で、記号pH(英: potential of hydrogen)で表す。水素イオン濃度指数または水素指数とも呼ばれる。1909年にデンマークの生化学者セーレン・セーレンセンが提案した。現在は水素イオンの活量により定義される。

 

難しすぎますね…。

ちょっと読む気を失くしてしまいます。(笑)

 

簡単に言うとpHとは、水溶液の性質をあらわすひとつの単位です。

例えば、長さをあらわすのに「m」(メートル)という単位がありますよね。

そんなイメージです。

水溶液の性質を知るために、必要な単位ということですね。

 

pH値は水溶液の、どのような性質をあらわすかというと

  • 酸性
  • 中性
  • アルカリ性

を表します。

この言葉は聞いたことがある方が多いと思います。

 

例として、

レモン汁は酸性

お水は中性

石鹸水はアルカリ性

と、覚えておくと良いでしょう。

それって、髪とどんな関係があるの?

昔、

「素肌と同じ弱酸性♪」

なんて花〇さんのビ〇レが洗顔のCMをしていましたね。

 

人間のお肌は、弱酸性の状態が、もっとも安定した状態です。

ずっと石鹸水(アルカリ水)に肌を浸したままだと、肌荒れで大変なことになってしまいますよね。

 

「そんなこと、わかってるよ(笑)」

という声が聞こえてきそうですが、実はこれ、髪の毛にも同じことが言えるんです。

 

髪の毛も、素肌と同じ、弱酸性。

髪は「アルカリ状態」が続いたままだと…

 

 

「髪荒れ」を起こします。

 

「でも自分は、石鹸で髪の毛は洗ってません…。」

まぁ、そうですよね。

石鹸で髪を洗う方は、そんなにいらっしゃらないと思います。

 

ですが

「美容室でのヘアカラー」

「自宅でのセルフカラー」

で、髪のpH(ペーハー)はグっと上がり、アルカリ状態になります。

 

この「アルカリ髪」状態こそが、色落ちの最大の原因であり、且つパサつきなどの悩みを引き起こします。

 

なぜか?

 

カラー剤やパーマ液などに含まれる「アルカリ剤」は、髪を膨潤させます。

わかりやすく言うと、キューティクルが「開きっぱなし」ということ。

そうすると、フタをしていないようなものなので、ヘアカラーの色素はどんどん流出してしまいます。

また、ヘアカラーの色素だけではなく、トリートメントなどの栄養分も流れてしまいます。

ですので、髪の弱酸性をキープすることが、とても重要になってきます。

そうすることで、キューティクルは閉じてくれます。

(美容室でヘアカラーをする場合、美容師さんがアルカリ状態から⇒弱酸性(髪の等電点)へと誘導する施術を行ってくれているはずです)

 

自宅でヘアカラーする方の色持ちが悪いのは、本来こういった美容室で行う施術が、自宅では出来ません。

なので、すぐ色落ちしてしまうわけですね。

アルカリ剤が「絶対悪」というわけではありません。

素敵なヘアカラーを楽しんだり、パーマで可愛くなってカッコよくなってモテるためには、アルカリは欠かせませんから。

今は薬剤の進化により、アルカリ除去する薬や、髪のpH(ペーハー)を下げる薬剤が多くリリースされています。

大事なのは、薬剤施術をした「その後の処置」

CMCが不足している髪の「色落ち」

これは、以前の記事でも書きました。

髪の毛には、CMC(細胞膜複合体)といわれるモノが存在します。

このCMCが不足している状態でヘアカラーをしても、すぐ抜けてしまいます。

CMCは「薬剤の通り路」を作る機能を持っています。

つまり、髪のすみずみまで薬剤(カラー剤)を届けてくれる機能ですね。

これが足りないと、カラ―剤の発色が奥まで届かず、表面のみでの発色になり、結果的に洗うとすぐ落ちる、なんてことになるのです。

CMCに関して詳しくは、こちらをご覧ください。

過酸化水素などの薬剤残留

そして最後は、過酸化水素についてです。

これは、カラー剤だけでなく、パーマ液の2剤にも含まれています。

カラー剤に含まれる過酸化水素の役割は、

  • 髪のメラニン色素を分解して、脱色
  • 染料を酸化重合して発色

という役割があります。

 

(ちなみにパーマの2剤に含まれる過酸化水素は、パーマ1剤で還元した髪の中のS-S結合を酸化して、再結合させる役割をします)

 

カラーやパーマの施術の際には欠かせないアイテムですが、髪に残留すると、とても悪さをしてしまいます。

 

どういうことかというと、

残留している(髪に残った)過酸化水素が、メラニン色素やカラー剤を分解してしまいます。

その結果「カラーの色が早く落ちてしまう」といった現象が起こります。

なので、この過酸化水素も必ず除去することが大事です。

 

余談ですが、この過酸化水素が髪に残留すると、皮脂も分解されてしまいます。

そうすると、どうなるか?

頭皮から、臭いを発するようになります。

(過酸化シスといって、毛乳頭を攻撃してしまいます)

ですので、

「頭皮の臭いが気になる」

「夕方には頭が臭くなっている」

という方は、髪に過酸化水素が残留している可能性があります。

過酸化水素の働きを止める&取り除く機能を持ったシャンプーを使いましょう。

つまり、どうすればいいの?対策方法

では具体的に、どのように対策していけばいいのでしょうか?

まずはpH(ペーハー)の高いもので、毎日シャンプーするのはやめること

わかりやすいのが、石鹸などですね。

キューティクルが開いてしまい、ヘアカラ―の色素が流出してしまいます。

また色素だけでなく、栄養分も流れます。

ですので、せっかく美容室でトリートメントしても無駄になってしまいます。

今、ご自身が使われているシャンプーは大丈夫ですか?

髪に優しいシャンプー剤を使いましょう。

定期的にCMCを補充すること

CMCは、髪のすみずみまで薬剤を届けてくれる機能を持っています。

CMCが不足していると、そもそもヘアカラー自体がキレイに染まりません。

染まりが悪い→すぐ色落ちする→また染め直す

といった悪循環が生まれてしまいます。

CMCを補充することで、きれいに染まる効果プラス、枝毛予防や切れ毛予防にも繋がります。

薬剤除去機能を持ったシャンプーを使う

美容室で取り除ききれなかった薬剤を、ご自宅で除去しなくてはなりません。

カラー剤やパーマ剤に含まれている過酸化水素は「ヘマチン」を使って取り除くことができます。

ヘマチンに関して詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

また、ヘマチンは薬剤除去機能だけではなく、白髪予防にも効果的です。

まとめ

 

今回のポイントを、まとめると…

  • 髪のpH(ペーハー)を弱酸性(細かく言うと等電点といいます)に保つ
  • 髪にCMCを補充する
  • 髪に薬剤を残さないようにする

色落ちの原因、そして対策について書いてみましたが、いかがでしたか?

これらを意識することでヘアカラーの持ちは、劇的に変わります。

それだけでなく、髪も綺麗になるプラス効果も!

 

ヘアカラーの色落ち対策は、自宅で簡単に出来ますよ♪

明日からのケアに取り入れて、素敵なヘアカラーライフを楽しみましょう!

 

CMC対策なら、これがオススメ♪

編集部が厳選したCMCアイテム3選

過酸化水素の除去・カラーの褪色防止には「ヘマチン」

編集部が厳選した

ヘマチン配合のシャンプー3選