シャンプーブログ

髪に嬉しい効果たっぷり!!きれいな髪にするなら「ヘマチン入りシャンプー」がおすすめです

シャンプーって、基本的に「無色透明」のイメージですよね。

新しいシャンプーを買って、使ってみたら

「あれれ、黒い…?」

そんな経験がある方も、いらっしゃるかもしれません。

・なんでシャンプーによって、色が違うの?

・黒いシャンプーが黒いのは、なんで?

今回はそんな疑問に答えるべく、黒いシャンプーに含まれる成分「ヘマチン」について説明していきます。

黒いシャンプーの正体は「ヘマチン」!!で、ヘマチンってなに?

皆さんは、身体の赤血球中に存在する

「ヘモグロビン」という言葉を、

聞いたことがありますか?

 

ヘマチンは「グロビン」と結合して、血液の主成分である「ヘモグロビン」を形成しています。

つまりヘマチンとは、血液中のヘモグロビンを電気的に分離したもの。

 

ヘマチンは通常、グロビンと結合しています。

ですが、ヘマチンを作る際はグロビンと「分離」させ、ヘマチンだけを取り出します。

 

へマチンはグロビンと離れている状態だと、非常に不安定で何かに結合しようとします。

髪の主成分である、たんぱく質の「ケラチン」は、グロビンの分子構造と似ています。

ヘマチン入りのシャンプーなどで髪を洗うと、ヘマチンとケラチンが結合します。

その結果、髪を補修してくれるのです。

・ヘマチンは、髪に嬉しい効果がいっぱい

ヘマチンはとても安全性が高く、補修だけではなく様々な効果があります。

1、白髪予防

ヘマチンには、白髪予防をしてくれる働きがあります。

髪の黒い色素を作るための「チロシナーゼ」という酵素の働きを活性化させる作用があります。

2、育毛効果

抜け毛を防止する役目も果たしてくれます。

それは、ヘマチンには抗酸化力があるからです。

酸素を吸収する力が強いため、女性の大きな悩みである「老化」そして「抜け毛」を促進する活性酸素を除去してくれる働きをもっています。

これは髪の毛を健康的に、そして若々しく保つためには必須の成分です。

3、カラーリングの色持ちをよくする

ヘマチンを使うことによって 、カラー剤の酸化しきれていない酸化染料が酸化重合(発色)し、 カラーリングの退色防止になります。

4、紫外線予防

紫外線から、髪を保護する効果もあります。

 

これらのことから、ヘマチンは、

  • 髪の毛のダメージがひどく、パサついている
  • 白髪が気になる
  • 抜け毛が多い
  • カラーリングの色落ちが早い

といった方に、おすすめの成分です。