シャンプーブログ

髪のパサパサと、いつまでも治らない枝毛。原因は「CMC不足」かも??

なんだか、髪のパサパサが気になる…。

切れ毛、枝毛が、とってもひどい。

 

家でしっかりトリートメントもしているのに…。

なんで?!

 

 

もしかしたら、あなたの髪には「CMC(シーエムシー)」が足りていないせいかもしれません。

 

CMCが足りていない髪は、つねにパサパサ・ゴワゴワします。

 

でも、大丈夫です。

 

この記事を見たあなたは、

あしたから「きれいな髪」へなれますよ♪

 

今回は、つやつや、さらさら髪には欠かせない「CMC(シーエムシー)」について、解説していきます。

 

CMCってなに?

 

CMCは「細胞膜複合体」といいます。

 

さっそく難しい名前が出てきましたね。笑

ですが、正式名称は覚える必要ないです。

 

このCMCは髪のどこに存在しているのかというと、角質の細胞と細胞の間にあります。

 

角質の細胞は

・キューティクル

・コルテックスといわれる毛皮質

のことですね。

 

わかりやすく、画像で説明してみましょう。

今回用意した画像はこちら。

カッパ巻きです。

髪の毛って実は、このカッパ巻きの構造にとても似ているんですよね。

 

  • 海苔(のり)→キューティクル
  • ご飯→コルテックス(タンパク質)
  • きゅうり→メデュラ

 

CMCは、この「海苔」と「ご飯」の部分にあるわけですね。

 

CMCは、どんな役割があるの?

CMCはとても大事な役割をもっています。

なにかというと、

・細胞同士を接着して、剥がれにくくしている

・薬剤の通り路としての仕事を請け負っている

という、非常に重要な役割をしてくれています。

 

 

細胞同士の接着とは?

皆さん、自分の髪の毛先を見てみてください。

じーっと見てみると…。

 

「毛先の部分が枝分かれしてる!」

「なんだか白っぽくなってる」

 

なんてこと、ありませんか?

これは、CMCが足りないせいなんです。

 

CMCの役割の一つは、細胞同士の接着。

細胞とは、先ほども記述しましたが、

・キューティクル

・コルテックス(髪の中のタンパク質)

のことですね。

 

「CMC不足髪」になると、髪同士を接着できなくなるため、枝毛や切れ毛になってしまうんです。

 

 

薬剤の通り路とは?

CMCは、髪の接着剤としての役割だけではありません。

水や脂、それからパーマ剤やカラー剤などの、薬剤の通り路としての役割もあるんです。

 

例えば、カラ―リングの場合。

 

「CMC不足髪」だと、カラ―剤は髪の奥まで到達できません。

そうすると、カラ―剤は髪の表面だけに留まります。

 

その結果、カラ―がすぐ落ちてしまいます。

そして「せっかく染めても長持ちしない」

なんてことになるのです。

さらには髪の質感の低下

髪の「みずみずしさ」も、このCMCが大切になっています。

「CMC不足髪」は、乾燥してツヤがなくなります。

 

まとめ

いつも一生懸命ケアしているのに…。

髪のパサパサ・ゴワゴワが解消しない!

 

そんな場合は、このCMCが配合されているシャンプーや、トリートメントを使ってみると良いですよ♪

驚くほど、髪のコンディションが変わります♪

せっかくケアしてるのに、悩みがなかなか解決しない…。

そんな方の、参考になれば嬉しいです。

ぜひ、明日からのヘアライフに「CMC」を取り入れてみてくださいね。