ビューティ

【枝毛の人は必見】髪の毛先が白っぽいのはなぜ?その原因は「CMC不足」です

最近、髪の毛先が白っぽい…。

そして、なんだか枝毛も増えた気がする。

 

家でしっかりトリートメントもしているのに、なんで?

お答えしましょう。

原因は、ズバリあなたの髪には

「CMC(シーエムシー)」

が足りていないからです。

 

CMCが足りていないと、つねにパサパサ・ゴワゴワ。

そして、枝毛や切れ毛だらけの髪になってしまうんですよね。

 

今回は、つやつや&さらさら髪には欠かせない要素「CMC(シーエムシー)」について、お伝えしていきます。

 

この記事を見て実践するだけで、あしたから「きれいな髪」になれますよ。

CMCってなに?

 

CMCの正式名称は「細胞膜複合体」といいます。

さっそく難しい名前が出てきましたね。笑

(もちろん、正式名称は覚えなくて大丈夫です)

 

このCMCは髪のどこにあるの?というと、角質の細胞と細胞の間にあります。

 

角質の細胞というのは

・キューティクル

・コルテックスといわれる毛皮質

のことですね。

 

わかりやすく、画像で説明してみましょう。

まずはこちらをご覧ください。

はい、カッパ巻きです。

髪の毛って、じつはこのカッパ巻きの構造に、とても似ているんですよね。

 

  • 海苔(のり)→キューティクル
  • ご飯→コルテックス(タンパク質)
  • きゅうり→メデュラ(髪の中にある芯のようなもの)

というイメージです。

CMCは、この「海苔」と「ご飯」の部分にあるわけですね。

CMCは、どんな役割があるの?

CMCは、とっても大事な役割を、2つ持っています。

 

なにかというと、

・細胞同士を接着して、剥がれにくくしている

・薬剤の通り路としての仕事を請け負っている

という、髪にとって非常に重要な働きをしてくれています。

この2つについて、詳しく説明していきます。

細胞同士の接着とは?

皆さん、自分の髪の毛先を見てみてください。

じーっと見てみると…。

 

「毛先の部分が枝分かれしてる!」

「なんだか白っぽくなってる」

なんてこと、ありませんか?

これは、CMCが足りないせいなんです。

 

CMCの役割の一つは、細胞同士の接着でしたね。

(細胞とは、先ほども記述しました「キューティクル」と「コルテックス(髪の中のタンパク質)」のこと)

 

「CMC不足髪」になると、髪同士を接着できなくなるため、枝毛や切れ毛になってしまうんです。

 

とくに、ヘアアイロンを使う方は要注意!!

CMCは熱に弱いので、毎日ヘアアイロンをしていると、どんどん髪の中のCMCが無くなっていってしまいます。

その結果、

「もうくっつけるのが限界!!」状態になってしまった髪は…

「ベリベリ」と音を立ててはがれていく。

これが枝毛のメカニズムです。

 

薬剤の通り路とは?

CMCは、髪の接着剤としての役割だけではありません。

パーマ剤やカラー剤などの、薬剤の通り路としての役割もあるんです。

 

例えば、カラ―リングの場合。

本来ならば、カラー剤は髪のすみずみまで行き渡らないとダメなんです。

奥の奥まで浸透することで、キレイなカラーリングが楽しめるんです。

 

ですが「CMC不足髪」だとカラ―剤は、髪の奥まで届いていきません。

そうすると、カラ―剤は髪の表面だけでストップしてしまいます。

髪の表面でストップした染料は、洗えばすぐ落ちてしまいます。

 

そしてその結果、カラ―がすぐ落ちてまた染め直さなくてはいけない…。

といった悪循環に陥るわけですね。

 

「せっかく染めても長持ちしない」

原因は、ここにあるのです。

まとめ

いつも一生懸命ケアしているのに

「枝毛」や「切れ毛」に悩まされている。

そして、カラ―リングの持ちが悪い。

これらの原因は、あなたの髪にはCMCが足りていなかったんですよね。

 

CMCが配合されているシャンプーや、トリートメントを使ってみるだけで、驚くほど髪のコンディションが変わりますよ。

 

「せっかくケアしてるのに、悩みがなかなか解決しない…。」

そんな方の、参考になれば嬉しいです。

ぜひ、明日からのヘアライフに「CMC」を取り入れてみてくださいね。

 

それでは。

編集部オススメのケアグッズ

まずはCMCトリートメントを試してみたいという人にオススメです。

10gの使い切りサイズの5枚入り。

しっとりとした質感を求める人にオススメです。

使い方はシャンプー後、軽く水気をふき取ります。

その後、毛先を中心に塗布していきます。

クシなどを使って、しっかり馴染ませます。

2~5分ほど置いた後、よく流します。

美容室専売品を多く取り扱うデミ社からリリースされたCMCトリートメント。ラメラメと比べると、サラッとした質感になります。

使い方は上記と同様シャンプー後、軽く水気をふき取ります。

その後、毛先を中心に塗布していきます。

クシなどを使って、しっかり馴染ませます。

2~5分ほど置いた後、よく流します。

 

システムトリートメントに定評のあるリトルサイエンティスト社が販売するベータレイヤー。柔らかく、みずみずしい髪を求める人にピッタリのトリートメントです。

使い方はこちらも上記と同様です。

シャンプー後、軽く水気をふき取ります。

その後、毛先を中心に塗布していきます。

クシなどを使って、しっかり馴染ませます。

2~5分ほど置いた後、よく流します。