ビューティ

前髪が思ったように流れない!!そんなときは流す方向を変えてみよう

こんにちは。

あすなれライターのMです。

現役で美容師をしており、店舗では店長をしております。

 

さて、サロンでは日々、お客様から様々な悩みを聞きます。

 

このあいだは…

 

お客様
お客様
前髪がうまく流せないんですよね。だから諦めて、もう伸ばそうかと思うのですが。。。

と、いう声をいただいたわけです。

 

女性にとって、前髪は命。

前髪が決まらないと一日中、憂鬱ですよね。

 

仕事も集中できないし、誰かに会うのも気が引ける。

なんならもう家に帰りたくなりますよね。

 

 

お客様に詳しく伺うと、皆さんアイロンを使ったり、マジックカーラーで巻いたりなど、色々とスタイリングされているみたいです。

 

それでも、なんだか上手くいかない…!!

さて、そんな前髪。

 

いっそ、逆の方向に流してみるのはどうですか?

案外キレイに流れるのではないでしょうか…?

 

<店長の考察>

実は前髪を上手く流すには、いくつか大事な要素があります。

その中でも大事な

・毛流

というポイントについて説明したいと思います。

 

 

ん?

毛流って、なに?

 

まずは、こちらをご覧ください。

 

 

人には毛流、つまり読んで字の如く「毛の流れ」が存在します。

「毛の流れている向き」とでも言いますか…。

 

前髪に関しては、この向きが意外と重要になってきます。

 

今、髪を留めるダッカールはお持ちですか?

そのダッカールで、前髪の生え際から1~2㎝部分を留めてみてください。

 

こんな感じになると思います。

 

 

この状態から自然にクシなどで、とかしてみてください。

 

あ、寝癖がついていたらダメです。笑

寝癖が付いている場合は、根本付近を少し濡らして「引っ張らずに自然に」乾かしてみてください。

 

なんとなく、毛の流れている方向が分かるのではないでしょうか。

 

 

・右方向に向かって流れている
・左方向に向かって流れている
・比較的、まっすぐ落ちている
・どこかでパックリ分かれている

など。

 

人によって、毛流は全く違ってきます。

 

つまり、前髪を流すには

「毛流」

を考慮すると上手くいく、ということです。

 

(この場合は、左方向に流れやすい)

 

・右側に流れやすそうな場合は、右側に流す。

・左側に流れやすそうな場合は、左側に流す。

 

 

「どうしてもこっちに流したい!」という場合は、

カットのベースを直すのが良いと思います。

(もしくはパーマという手段もあり)

 

つまり、結論は…

毛流を見る→流れやすそうな方向を確認→そっちに向かって流すようにセット

と、いう感じがオススメです。

 

これなら、上手く流すことが出来るかもしれませんよ。

 

今まで「うまく前髪が流れないから」という理由で、前髪を作ることを諦めていた方にも、ちょっと希望が見えてきたのではないでしょうか?

 

カットした後は、このようになります。

こんな感じで自然に流れます。

 

意外と、この話をお客様にすると、

「なるほど!」

と、喜んでくださいます。

 

毛流が自分じゃ分からない人は、担当の美容師さんに聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 

「いつもと逆の方向で流すほうが、流れやすかった!」

という発見が出来たなら、ついでに分け目も変えて下さい。

 

 

バランスが良く見えます。

 

 

以上、ちょっとしたポイントでした。

それでは素敵なヘアライフを。