シャンプーブログ

知ってた?ラウレス硫酸Naは実は凄い!!

おすすめシャンプーを紹介していると、避けては通れない話題が「ラウレス硫酸Na」問題です。

私たちの立場から言うとラウレス硫酸Naは、、、、、、

問題ない原料 です!

むしろ、世界中で使われていて、ここまで問題の起きていない原料は少ないでしょう。

シャンプー原料の由来

ラウリルだとかラウレスだという前に原料の由来を知っておく必要があります。

簡単に言うと何から作るのか?ということです。
植物からなのか?動物からなのか?鉱物、石油からなのか?です。

実は、由来別に表示名称って変わりません(別称はあります)

ある物を加工して、ラウレス硫酸Naにしますが植物からも石油からも作れます。

出来上がるものは同じです。

由来の違いはイメージが問題

石油由来??なんか体に悪そう!!

ですよね。だから、最近のラウレス硫酸Naはヤシ油から作られています。
(石油も天然素材ですが笑)

これもイメージが悪いからだけです。
基本的な作用は同じとみられています。
しかし、植物性を選んだ方が(化粧品に入っているラウレスは、ほぼ植物性)無難です。

 

え!?アレルギー用シャンプーに使われている?

シンプルな配合が好まれるアレルギー用シャンプーによく使われます。

1つで充分に働いてくれるから

ラウレス硫酸naは、単体でも充分に働いてくれます。

何に反応しているか分からないアレルギーに対してシンプルな配合が出来るラウレス硫酸はバッチリです。リスクを無くし原因を突き止めやすくなります。

なぜ、嫌われている??

ラウレス硫酸naは高い洗浄力があります。

そこが良いところですが悪い面でもあります。
洗浄力が強いと肌のバリアをやぶって炎症がおきてしまいます。
しかし、配合量が多い場合です。

もともと肌のバリアが弱い人もいます。
また、肌のバリアを作るのに時間がかかる人もいます。
このバリアは角質と皮脂膜です。
洗剤を使って洗う理由は油汚れを落とすため。
上記の体質の方は

  • 泡だてネットを使う。
  • 力を入れてこすらない。
  • 爪を立てない。
  • 熱いお湯を使わない。

を気をつけるだけで、かゆみや肌荒れが軽減されます。

面白い事に濃度が高いほど泡が立ちません。

泡立ちの良いラウレス硫酸が入っているシャンプーは充分に薄まっています。
ラウレス硫酸は、濃度が濃いと泡立ちません。
少量でも充分に働いてくれるので、配合量も少しですみます。

界面活性剤が少量で済むので沢山の保湿剤を入れられます。
保湿剤+少量のラウレスの組み合わせは、アレルギー対策シャンプーとして最適です。

 

ラウレスが配合されている肌の弱い人用シャンプー

とにかくこすらない。熱いお湯を使わない。よく泡立てる。爪を立てない。力を入れない。
これを徹底したシャンプーイングをしてください。
ラウレス入りシャンプーの素晴らしさを知ってください。

皮膚科医がお薦めするラウレス硫酸na入りシャンプー